カメラの世界@白石高校

お部屋まるごとを
📸ピンホールカメラ📸に仕立て上げる
挑戦的なワークショップ『大きなカメラに入ろう』

8月、宮城県白石市立第二小学校
👧子ども育成会さん👦と共同開催いたしました

設営と準備にご協力してくださった
白石高校写真部の生徒さん。
🙏ご協力ありがとうございました🙆‍♀️

嬉しいことに❣️
同ワークショップを

な、なんと(´⊙ω⊙`)
8月25日、白石高校の文化祭にて
こちらのワークショップを再現してくださったそう😍👍

その名も「カメラの世界」
生徒さんはどんな気持ちで
このワークショップに取り組んだのか?

SOFAより愛を込めて(?)
ご紹介いたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽しかったこと🎥

部員Aさん
❶ 準備にはすごく時間かかって、でもみんなで協力しながら1つのことに取り組めた
❷ 締め切った室内において、光が漏れている!と声がけや確認をしながら、全員で力を合わせて暗幕を貼る作業が楽しかった。1年生の男子部員が積極的に作業を進めてくれて助かりました。みんなで一緒にできたのはすごく楽しかったです。あんな大作業は1人ではできないですね。
❸全員で汗を流しながらやっとできて、本当に映像が映った時も達成感ありました!

部員Bさん
❶ お客さんからの反応です!本当にそうなの??あ!本当だ!みたいな驚いて喜んでくれたことです!

😬難しかったこと😭
部員Aさん
❶ 光を一切入れないようにすること
❷ 私たちは白石第二小学校のワークショップのように、もともとある部屋を暗くしたのではなく、壁がないとこに暗幕シートで暗くしました。
それがなかなか大変でした。隙間が空いていたのでそれを埋めるのが大変でしたが・・・それでも、楽しかったです!!

部員Bさん
❶どう説明したら楽しみながら話を聞いてもらえるか、工夫が必要でした。
私はちょっとアトラクション的な感じで「皆さんはもうすでにカメラの中にいます!」と説明しました。

🤓工夫点😎
四方を壁に囲まれたお部屋での作業のほうが、ダンボールを貼る作業時間が時間が少ない。

✋印象深かったお客さんの話🎤😃
生徒Aさん
❶ カメラの中ってこうなってるんだ!っていろんな人に実感してもらえて、良かったです

生徒Bさん
❷ 写真の専門学校を出た外国人かハーフの人と話をする機会を持てたこと。
その方は学校ではこういうのは習わなかった!すごく面白いねって言ってくださって。
これからも写真頑張ってとも言われました!このイベントを通して沢山の方と話ができてとてもいい経験になりました!

Scroll to top