「大きなカメラに入ってみよう」WS開催

大きなカメラに入ってみよう〜フェルメールの部屋〜

8月4日(土)、宮城県白石市白石第二小学校で開催しました!

小学3年生〜高校生まで合わせて15名が集まり、みんなで力を合わせ、部屋をまるごとカメラにしました。

この装置(部屋)はカメラ・オブスキュラと呼ばれており、かの有名な画家フェルメールがこの装置を使って絵を描いていたそうです。

真っ暗にした部屋に映し出された外の風景にみんな大興奮でした。

本事業は、アーツエイド東北芸術文化支援事業の助成を受けています。

Scroll to top